ソーシャルレンディングという新しい投資の形


スマホやタブレット端末といったモバイル機器で行なうソーシャルレンディング投資の人気が高まってきており、呼応するようにソーシャルレンディング投資用のアプリを用意する会社も同じ様に増えてきています。それらの業者のいくつかは、自社提供のソーシャルレンディング用アプリをダウンロードして取引を始めることを前提に、キャッシュバックがつくなどの恩恵を得られるキャンペーンを行っている所も見かけます。とにかく実際に使って試してみたり口コミを探してみたりしていろいろ突き合わせて検討し、自分にとってよりベターなアプリを選択してみましょう。ソーシャルレンディングにおける重要なシステムの一つに強制ロスカットというものがあります。決済せずにどんどん増えていく含み損が決められているレベルを超えてしまったとすると自分の意思に関係なく強制的に決済が行われるという仕組みです。ただし、強制的なロスカットが行われる水準に近づくとマージンコールというものが発生し、知らせてくれるので、強制ロスカットを避けたいと思った場合は追加証拠金を入金することで強制ロスカットが行われることを防ぐことができます。この強制ロスカットの行われる基準となる証拠金維持率ですが、ソーシャルレンディング業者が違えば証拠金維持率も異なるので気をつけてください。ソーシャルレンディング投資の人気の理由の一つに24時間取引可能な点が挙げられますが、そうはいっても為替市場が特に活発になる時間帯は存在します。世界的規模で市場の中心地といえばニューヨークとロンドンで、これらの市場が開いている時間つまり、日本の時間にすると21時頃から午前2時のあたりに活発に為替が動いて取引が盛んになっているようです。時間帯とは別に、経済指標の発表特にアメリカの雇用統計、各国のGDPなどの発表の後には大きな為替相場の変動があったりするので、注目しておかなければいけません。相場の動きと関係の深い重要な経済指標の発表はいつなのか知っておくのがセオリーです。様々な投資がありますがソーシャルレンディングでも他の投資でも、ロスカットとも呼ばれる損切りはとても大切です。投資を少しでも知ればわかりますが、利益だけが積み上がって損はない、という状態は絶対にありません。損が出てしまうのは仕方がないとして、それをどれくらいに抑えられるかというのは先々、ソーシャルレンディング投資で利益を出し続けていけるのかという部分で一番重要な鍵を握る点となるでしょう。損失を小さくするためには、ぜひ自分なりの損切りルールを作り、そのルールはトレーダーを守る大事なものなので一貫して守るべきです。投資の中でもソーシャルレンディング投資をしているのならば、基本的に経済指標の発表日程は非常に重要な要素であるためきちんと確認することは勝利への一歩です。経済指標の発表が行われた途端、驚くぐらいに相場が変動することがありますから、動向に注目するようにしましょう。同じようなアプリでも実は様々です。中には経済指標の発表前にうっかりしていても安心できる機能がついているものもありますし、利用するものはすべて利用したい方のためにソーシャルレンディング業者によるアラートメールを利用してみるのもベストです。さてソーシャルレンディング投資の世界に足を踏み入れたいと思い立った場合、どのくらいの金額があればいいかといいますと、業者に口座開設をする時か、もしくは取引をする時に最低証拠金を預ける必要があり、ですからどのソーシャルレンディング業者を利用するかにより用意したい金額は変わってきます。最低保証金の具体的な例では100円という所や5千円~5万円の所もあって割と色々です。さらに、最小取引単位についても業者によって違います。1000通貨のところもあり大きな額の取引になる10000通貨単位のところもあるのですが、ソーシャルレンディング初心者でどうしようか迷ったら1000通貨のところを選ぶとリスクを小さくできるかもしれません。ソーシャルレンディング投資のやりかたのひとつとしてサヤ取りという手法が存在しています。サヤ取りの仕組みは、関連性のある二つの通貨ペアの値段に幅が出来た際、それぞれを有利な条件で売買することで売り上げを出すというものです。スワップ金利を用いてサヤ取りをしている方々も存在していますが、要領が分からないうちはどちらも儲けを出すのは難しいかもしれません。とにもかくにも、システムとオーダーの出し方をご理解願います。主婦でありながら、ソーシャルレンディング投資で大金を得た人もいますが、家庭崩壊させてしまうほど、大損をしている主婦も存在します。特徴的にレバレッジが使えるソーシャルレンディング投資では儲けが大きく出ることと同じように、逆に損失も大きく出てしまうのです。ソーシャルレンディング投資をする際に、夫に内緒にしたり、本当に大切なお金までつぎ込まないように気を付けてください。レバレッジを低めに設定して、良く考えながら、投資するのが賢明です。もしソーシャルレンディング投資によって年間20万円を超す利益を得られた場合には、必ず確定申告をしておきましょう。確定申告の時、ソーシャルレンディング投資に使った、例えば資料代なども含め諸々の経費は利益分からはマイナスしておけることになっています。そしてもし、思った程利益を上げることができなかった場合であっても、手間を惜しまず確定申告を行っておくと、出てしまった損失分を翌3年にわたり繰り越すことが可能となっているので、ソーシャルレンディングでこれから利益を上げていく心積もりでいるとしたら、確定申告をしておくことはやはり大事なことだと言えるでしょう。流行りのソーシャルレンディング投資ですが、これで利益を出すことができたらもちろん利益分相応の税金がかけられるわけで、ちゃんと正しい金額の税金を払うよう気を配っておくことが大事です。巧みなソーシャルレンディング運用で大きな利益を得てもその申告を怠ってしまう人も少ながらずいてその中には、税務調査が入ってしまい追徴課税に応じなければならなくなった人もいるのが現状です。具体的な額として20万円より大きい利益となった時には、間違いなく確定申告をしておかなければなりません。巷で人気のソーシャルレンディング投資を自分でも始めてみようとする際、まずどのソーシャルレンディング業者を利用するか、投資したい金額や自分の投資法に合っている業者をじっくり選びましょう。業者の選択によっては利益の出方も変わるかもしれませんので、注意深くなるべきです。取引手数料に関しては無料の業者が殆どですが、その上でスプレッドが低く抑えられ、最低取引単位が小さいところを選ぶと準備資金も少なくて済み使いやすいはずです。加えて、取引に実際に使うツールも機能などに違いがあるのでデモ取引をしてみるなどいろいろ試してみるのがいいようです。ソーシャルレンディング投資では自分の勘を根拠にしていると利益を得ていくことはなかなか難しいですから、地道にチャート分析能力をあげるなどスキルアップは必要です。機能が高く見やすいチャートソフトもいろいろ出てますしアプリも豊富ですので、探して使ってみて、売買のよりよい機会を導き出すとよいです。さらに、チャート分析における有用なテクニックは数多くありますのでそれらもまんべんなく知識として頭に入れておきましょう。多くのソーシャルレンディング業者はソーシャルレンディング取引を始めたい人のためにデモトレードという、実際の取引と同じようにツールを操作して疑似取引できるシステムがあるはずですので、これは必ず使ってみるようにしましょう。実際の取引同様のデモトレードですが、バーチャル取引ですからどんなミスがあっても損が出ることはなく、デモとはいえその業者での実際の取引と同じツールを使用するので扱い方や感覚を知ることが可能です。深謀遠慮しないうちに大事な手持ち金を使ってソーシャルレンディング取引をスタートさせるのは、特に慣れていない人には大変危ないですから、ツールを操作して売買のやり方を覚えられるようになるまでせっかくのデモトレードですからじゅうぶんに活用しましょう。ソーシャルレンディング業者はかなりの数が商売してますから、業者をうちからどこを選び口座を設けるのかを丁寧に吟味してください。口座開設を行うのはさほど難解ではないのですが、多くの業者で口座を作ると口座の運営に必要以上に心を砕くことになります。とある業者で新しく口座開設を行うとキャッシュバックというようなキャンペーンに飛びつかないで、その人に適するソーシャルレンディング業者を取捨選択しましょう。ここのところよく見かけますが、タブレット端末を操作して空き時間にソーシャルレンディング投資に勤しむ人が増えているようです。帰宅してからわざわざパソコンを立ち上げてチャートを見てやっと取引スタート、というのよりずっとスピーディで、いつでもどこでも画面を見て取引を行えるのが一番大きな強みです。チャートアプリなども大変充実してきましたので、ほんの初心者の場合であっても比較的すみやかに慣れるでしょう。将来はより一層、スマホやタブレットを携帯してソーシャルレンディング投資に活用する人々はその数を増やしていくのではないでしょうか。

スポンサー・リンク
スポンサード・リンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサー・リンク
スポンサード・リンク